食と健康と美味しさを追求するピヴォーテ 皆様の健康寿命を延ばし、生涯現役の快適生活をサポートいたします
トップボタンピヴォーテ取扱商品ピヴォーテの思い会社概要ボタンよくある質問うま味だしお客様の声 海外発送/国際配送サービスの転送コム
HOME»  だしのうま味が認知症を救う»  アルツハイマー病は増え続けていく

アルツハイマー病は増え続けていく

認知症の人の約半数がアルツハイマー病です。100万人以上の人がいると推定されています。社会の高齢化と認知症の増加傾向に伴い、アルツハイマー病になる人も増えています。病院の方にお話を聞くと、この病気の厄介なところは、65歳以上で、しかも同居している家族が付き添って病院に来た時には病状がかなり進んでいることが良くあるということだそうです。

人間には自尊心や羞恥心がありますから、物忘れに関しては本人に自覚もあり、不安も抱えているのですが、病院に行くほどのことではないと思ってしまう。そして、昔のことはよく覚えているので、年相応のボケだと言い聞かせ、やり過ごしてしまうことが良くあります。

そうこうしているうちに病気がどんどん進行し、様々な症状が出て、いよいよおかしいぞとなった時には、すでに介護が必要な状況になっている、こういったことが認知症の現実のようです。

アルツハイマー病がひどくなった状態で治療するのは大変なことです。がん以上に早期の発見が求められます


>>次ページへ アルツハイマー病のメカニズム

1            



 
ピヴォーテログイン

ピヴォーテカートの中を見る

ピヴォーテお問い合わせ

ピヴォーテを利用する初めての方へ
 

公式サイトはこちら

公式ショッピングモール